ごみの回収と持ち込み

横浜市 粗大ゴミの持ち込み-申し込み-回収-収集日など出し方

この記事では、神奈川県横浜市におけるの粗大ゴミ(ごみ)の持ち込みや回収など、出し方について述べています。

家庭で発生するゴミには、燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミなどがありますが、これらの分類には入らない『粗大ゴミ』があり、横浜市の人々の大きなお困り事になっています。

横浜市で粗大ごみを処分するには、横浜市が指定する部署に申し込みの連絡を入れて、粗大ゴミ処分の意思表示をする必要があります。

連絡方法のメインとなるのは、横浜市が指定する部署への電話連絡となります。また、インターネットによる申込み方法もありますが、横浜市では、その準備があります。

連絡・意思表示の際に必要なのは、居住地至近の回収(収集)場所と日時の確認です。そして、その日までに、横浜市が指定するシール等(処分手数料)を購入して、粗大ごみに添付・明示(掲示)しておくことが必要です。

さらには、粗大ゴミを横浜市のゴミ処理場へ『自らが持ち込む』という方法もあります。

それでは、横浜市での粗大ごみの出し方に関する詳細を以下に記します。

横浜市の粗大ごみの定義及び出し方

横浜市で言う粗大ゴミとは何か(粗大ゴミの定義)?については、

家庭から出されるゴミの中で、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、プラスチック商品、木製品などのそれ以外で50cm以上のもの。

粗大ごみ処理手数料表(50音別) 横浜市

市では収集できないごみ 横浜市

ご自身のゴミが粗大ゴミなのかどうか?出せるのかどうか?

不明の場合は下記に連絡して確認しましょう。

問い合わせ先:粗大ごみ受付センター
電話番号:045-330-3953
FAX番号:045-550-3599
ホームページURL:https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/eco/view/yokohama/top.html
メールアドレス:info@sodai.city.yokohama.lg.jp

横浜市での粗大ゴミの出し方

横浜市での粗大ゴミの出し方は以下のとおりです。

①「粗大ごみシール」を購入する。
②粗大ごみ1点に1枚、所定事項記入済みの粗大ごみシールを貼って出す。

※ 粗大ゴミの収集日は、申し込み時に確認します。

不明の場合は、前記「問い合わせ先」に連絡をいれましょう。

粗大ゴミ収集(回収)の手数料(代金)

手数料は品目個別に細かくなっています:粗大ごみ処理手数料表(50音別) 横浜市

横浜市での粗大ゴミの持ち込み

横浜市で粗大ゴミを自らが持ち込んで処理してもらう場合は、下記の施設に持ち込みます。

こちらで確認⇒ 粗大ごみの持込みを希望する方 横浜市

粗大ごみを自己搬入ヤードへ持ち込む場合も、事前に粗大ごみ受付センターへのお申込みが必要です。インターネットまたは電話でお申込みください。

その他搬入先:粗大ごみ自己搬入ヤード 横浜市

対象行政区:横浜市

参照:粗大ごみ 横浜市

粗大ゴミを扱う横浜市について

神奈川県の東部に位置する横浜市(よこはまし)は、行政区を18区擁する政令指定都市であり県庁所在地でもあります。特筆すべきは約375万人という、日本で二番目の人口で、それはほぼ四国地方の人口に匹敵します。東京都内と比較すると、自然環境と異国情緒に溢れていて生活にゆとりが持てる上、東京都への交通アクセスも非常に便利で、居住区とし、常に人気が高い都市です。

横浜市の面積は 437.56平方キロメートルあり、総人口は 3749972人(2019年12月1日現在の推計)を擁しています。

横浜市内の町域・地名は以下のとおりです

横浜市青葉区・横浜市旭区・横浜市泉区・横浜市磯子区・横浜市神奈川区・横浜市金沢区・横浜市港南区・横浜市港北区・横浜市栄区・横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市鶴見区・横浜市戸塚区・横浜市中区・横浜市西区・横浜市保土ケ谷区・横浜市緑区・横浜市南区

免責事項:掲載情報につきまして

当ページに記載された情報については、ページ作成時の情報を元に掲載しています。地方自治体での分別のノウハウ・出し方等に変更があった場合、必ずしも最新・正確な情報であることを保障出来かねます。従いまして、個人の自己責任にて参考程度にご利用頂けますようお願い致します。 正しい最新の情報は、該当する市区町村のホームページ及び担当部署にてご確認下さい。